古関裕而のまち 福島市

福島市古関裕而記念館

Memorial Hall

福島市古関裕而記念館とは

福島市古関裕而記念館は、地元福島市大町の出身で福島市名誉市民第1号である大作曲家、古関裕而先生の業績を称え、後世にその業績と「古関メロディー」を広く継承していくこと、また音楽文化の振興に資するため、市制80周年記念事業として昭和63年(1988年)11月12日にオープンしました。

1階は受付ロビーとサロンで、通りに面した大きなガラス窓から見る「メタセコイア」の並木とビデオから流れる古関メロディーは、くつろぎの気分を醸し出してくれます。

2階は資料展示室。展示コーナーでは約600点の写真パネル、直筆色紙、作曲作品の楽譜等、数々の資料が展示されています。2階入口から見て左手が視聴コーナー。ここでは、古関メロディーの代表的な100曲を収録しており、自由に選択してヘッドホンで聞くことができ、さらに両サイドに設けられたビデオコーナーでは、古関裕而の生い立ちや作品等の紹介を見ることができます。その隣にある和室は記念室で、作曲する際に使っていた部屋がそのまま再現されています。

外観で目を引くのが、名曲「とんがり帽子」を思い出させる塔で、朝夕古関メロディーが流れ、多くの人々の耳を楽しませています。

この記念館が、古関裕而を理解し研究する場となり、また広く文化活動の場として活用されることを願っております。

※「福島市古関裕而記念館」引用

古関裕而記念館とは

館内紹介

  • ロビー受付コーナー

    ロビー受付コーナー

    このスペースでは、来館者の受付、サロン使用受付、物品販売などを行っております。

  • サロン

    サロン

    通りに面してガラス張りになっているこの部屋は、一日中、映像と共に古関メロディが流れています。くつろぎの場としてだけではなく、様々なミニコンサートが開かれ、多目的に使用されています。

  • 展示室
    展示室

    展示室

    壁一面に張られた写真パネルと略年譜。幼少期から晩年まで大きく5つに分けられ、それぞれの時代の愛用品や記念品が展示されています。
    展示室中央の陳列ケースには、直筆色紙、SPレコード、作曲作品の楽譜等、 数々の資料が展示されています。その陳列ケース上部に、「とんがり帽子」「白鳥の歌、」の楽譜の一部を型どったネオンが設置され、訪れる人々の目を楽しませています。

  • 記念室

    記念室

    作曲をする際に使っていた書斎をそのまま再現した部屋で、中央に3つの座卓が置かれています。それぞれの座卓に五線紙をおき、一度に数曲を作曲したといいます。

  • ビデオコーナー

    ビデオコーナー

    古関裕而の数々の業績と人間性を「故郷“ふくしま”と古関裕而」「菊田一夫との仕事」「不滅のスポーツ音楽」等それぞれのテーマで紹介するコーナーです。

  • 試聴コーナー

    試聴コーナー

    ここでは、約5,000曲ともいわれる古関メロディの中から主な100曲を集め、ボタン操作で自由に選択してヘッドホンで聴くことができます。

※「福島市古関裕而記念館」引用

展示資料

  • ハモンドオルガン

    ハモンドオルガン

    NHKラジオ・ドラマ「鐘の鳴る丘」「さくらんぼ大将」「君の名は」などで古関裕而が使用したこのハモンドオルガンは、二億数千万種の音色が出せるといわれています。

  • オリンピック・マーチ総譜

    オリンピック・マーチ総譜

    昭和39年に東京オリンピック「オリンピック・マーチ」、昭和47年には札幌冬季オリンピック「純白の大地」を作曲しており、その出版譜や直筆楽譜がオリンピックのポスターなどと共に展示されています。

  • 「長崎の鐘」直筆色紙、楽譜

    「長崎の鐘」直筆色紙、楽譜

    「長崎の鐘」作曲に際し描かれたもので「絵も私にとっては音楽なのである」と述べている。他にふるさとの風景を描いた色紙や楽譜が展示されています。

  • SPレコード

    SPレコード

    戦時歌謡「露営の歌」「暁に祈る」「若鷲の歌」など懐かしい名曲のSPレコードが、楽譜や写真類を交え当時の様子がそのまま分かるように展示されています。

  • ロザリオ

    ロザリオ

    「長崎の鐘」を放送で聞き感銘を受けた永井隆博士が、病床の中で編んだロザリオで、古関裕而に贈られたものです。

  • 愛用の8ミリ撮影機

    愛用の8ミリ撮影機

  • 愛用したハーモニカ、指揮棒

    愛用したハーモニカ、指揮棒

※「福島市古関裕而記念館」引用

ご利用案内

住所 福島県福島市入江町1番1号
開館時間 午前9時~午後4時30分(但し、入館は4時まで)
休館日 年末年始(12月29日から1月3日)を除いて開館いたします。
但し、施設点検や展示替え等で、臨時に休館することがございますので、
ご来館の際はあらかじめご確認ください。
入館料 無料
交通のご案内
車でお越しの場合
■東京方面から
東北自動車道福島西インターから国道115号線・国道4号線経由で8.2km(約25分)
■仙台方面から
東北自動車道飯坂インターから国道13号線・国道4号線経由で7.7km(約20分)
※駐車場は同じ敷地内にある福島市音楽堂と共用です。(70台)
公共交通機関利用の場合
■路線バス
JR福島駅東口バスターミナル(2、3番乗場)より乗車し、「日赤前」停留所下車、徒歩約3分。
■高速バス
仙台、郡山、会津若松より乗車し、「福島競馬場前(終点)」停留所下車、徒歩約5分。
URL https://www.kosekiyuji-kinenkan.jp

古関裕而物語The story of Yuji Koseki

古関裕而は、明治42年8月11日、福島市大町にある市内有数の呉服店「喜多三」に生まれました。
音楽好きだった父は、大正初期では珍しい蓄音機を購入し、余暇には主に浪曲のレコードをかけていました。
これが古関裕而の音楽との出会いです。

詳しく見る

関連商品 Item

古関裕而のオリジナル商品をご紹介。

メロディー

6,600円(税込)

「みんな元気になあれ」の思いを込めて制作した『メロディー』

詳細を見る

岩城屋米穀店

エルラジ

ラジウム玉子のパッケージが生まれ変わりました!!お土産品にも喜ばれる可愛・・・

詳細を見る

マ・プリエール

【出張可】エールや古関裕而氏の世界観を転写紙にしたポーセリンアートを体験頂けます

【店舗エリア】郊外

詳細を見る